ページの先頭です

児童扶養手当の一部支給停止措置について

[2017年6月20日更新]

一部支給停止措置について

児童扶養手当を受給されてから5年を経過した方等については書類の提出が必要となります。対象者については、毎年6月にお知らせの文書を送付しますので、記載されている期日までに必要書類を添えてご提出ください。提出がない場合は、当該手当額の2分の1が支給停止となることがあります。

一部支給停止(手当が2分の1)にならないためには

次のいずれかに該当する場合、必要書類を提出することで一部支給停止を適用除外することができます。

一部支給停止適用除外事由

 1.就業している

 2.求職活動等の自立を図るための活動している

 3.身体上又は精神上の障害がある

 4.負傷又は病気等により就業することが困難である

 5.監護する児童又は親族が障害、負傷、病気、要介護状態等にあり、あなたが介護する必要があるため、就業することが困難である

ご提出いただくもの

(1)一部支給停止適用除外事由届出書(毎年6月に対象者へ送付します。)

(2)下記の該当するもの

 

 
一部支給停止適用除外事由に
該当する次のいずれかの方
添付書類
(次のいずれかの書類)
雇用されている方・健康保健証の写し(国民健康保険以外の方のみ)
・雇用証明書
・賃金支払明細書の写し(事業所印のあるもの)  等
自営業に従事している方・自営業従事申告書  等
※上記申告書以外に書類(会社名の記載がある確定申告書の写し等)の提出が必要となります。
求職活動等の自立を図るための活動をしている方・求職活動等及び申告内容に関する証明書
・雇用保険法に規定する求職者給付(傷病手当を除く)を受給している場合は、受給資格者証の写し  等
公共職業訓練を受けている方・職業安定所による受講指示書の写し  等
職業能力の開発及び向上のため専修学校その他養成機関に在学している方・在学証明書  等
身体上又は精神上の障害を有している方・身体障害者手帳1級、2級、3級のいずれかの写し
・精神障害者手帳1級、2級のいずれかの写し  等
負傷・疾病等により就業することが困難な方・特定疾患医療受給者証の写し
・特定疾病療養受療証の写し
・相当期間、負傷・疾病により療養等が必要であることを証する医師の診断書  等
監護する児童又は親族が障害、負傷、疾病、要介護状態等あることによりあなたがこれらの方の介護を行う必要があり、就労が困難である方・身体障害者手帳1級、2級、3級のいずれかの写し
・療育手帳(A)の写し
・精神障害者手帳1級、2級のいずれかの写し
・特定疾患医療受給者証の写し
・特定疾病療養受療証の写し
・相当期間、負傷・疾病により療養等が必要であることを証する医師の診断書
・親族が要介護状態にあることを明らかにできる書類
・児童又は親族が障害、負傷・疾病、要介護状態等に類似する状態にあることにより介護が必要であることを明らかにできる書類

お問い合わせ

摂津市役所教育総務部子育て支援課子育て支援係

電話: 06-6383-1980