ページの先頭です

本人確認書類について(戸籍等請求)

[2017年7月24日更新]

本人確認の具体的な証明の例

戸籍届出・戸籍等抄本等の証明書を請求する場合に必要なものです。

※「氏名及び住所」又は「氏名及び生年月日」が確認できるものであることが前提です。
窓口で請求する場合
1枚の提示で足りるもの(例)(顔写真付公的機関発行身分証明書)2枚以上の提示が必要なもの(例)
・個人番号カード
・運転免許証
・旅券(パスポート)
・運転経歴証明書(平成24年4月1日以降発行分のみ)
・国又は地方公共団体の機関が発行した身分証明書
・身体障害者手帳
・療育手帳
・在留カード又は特別永住者証明書(注)
 (注)平成24年7月9日以降外国人登録証明書は廃止されましたが,一定期間外国人登録証明書が在留カード又は特別永住者証明書とみなされ,外国人登録証明書を在留カード又は特別永住者証明書として利用することができる場合があります。みなされる期間についてはこちらをご覧ください。

など
・国民健康保険、健康保険、船員保険、又は介護保険の被保険者証
・共済組合員証
・国民年金手帳
・国民年金、厚生年金保険又は船員保険の年金証書
・共済年金又は恩給の証書
・生活保護受給者証
※学生証、法人が発行した身分証明書で写真付きのもの

など
「※」の書類のみが2枚以上あっても確認できませんので、ご注意ください。
(注釈)有効期限のある本人確認書類は、有効期限内のものに限ります。
(注釈)なお、上記の本人確認書類をお持ちでない場合は、ご相談ください。

郵便で請求する場合
(注)住所が記載されていないものでは本人確認ができません。(パスポート等)
下記の例より1枚コピーを同封(住所が裏面に書いてある場合は、裏面もコピーしてください。)
・個人番号カード
・運転免許証
・運転経歴証明書(平成24年4月1日以降発行分のみ)
・国又は地方公共団体の機関が発行した身分証明書
・身体障害者手帳
・療育手帳
・在留カード又は特別永住者証明書(注)
 (注)平成24年7月9日以降外国人登録証明書は廃止されましたが,一定期間外国人登録証明書が在留カード又は特別永住者証明書とみなされ,外国人登録証明書を在留カード又は特別永住者証明書として利用することができる場合があります。みなされる期間についてはこちらをご覧ください。

など
・国民健康保険、健康保険、船員保険、又は介護保険の被保険者証
・共済組合員証
・国民年金手帳
・国民年金、厚生年金保険又は船員保険の年金証書
・共済年金又は恩給の証書
・生活保護受給者証

など
(注釈)有効期限のある本人確認書類は、有効期限内のものに限ります。
(注釈)なお、上記の本人確認書類をお持ちでない場合は、ご相談ください。

お問い合わせ

摂津市役所・市民生活部・市民課
電話: 06-6383-1360