ページの先頭です

”生ごみ処理容器キエーロ”の紹介

[2016年4月1日更新]

摂津市役所庁舎前「バクテリアdeキエーロ」実験結果

実験の経過は順調で、ニオイ、虫の発生もなく生ごみの分解も良好でした。実験の内容については、下記をご参照ください。

摂津市役所庁舎前「バクテリアdeキエーロ」実験結果

Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

生ごみは資源「バクテリアdeキエーロ」について

Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

摂津市役所庁舎前にて平成24年4月1日から平成25年4月30日まで実験を行いました

摂津市は「ごみゼロで住みよいまち せっつ」をめざして、ごみの減量と分別リサイクルの推進に取り組んでおります。平成24年度に岩手県陸前高田市で作成された生ごみ処理容器「仮設deキエーロ」も使用し、摂津市役所庁舎前で生ごみ減量の公開実験を実施しました。

今回、使用している「仮設deキエーロ」は仮設住宅での活用だけでなく、被災地の事業として定着させ、復興につなげていくというものです。

容器に描かれたキャラクター「ゆめちゃん」と「鳥飼ナスくん」は、陸前高田市の女子高生が復興と摂津市のごみ減量への思いがこめられています。

森山一正市長も実験に参加!

30cmほど土を掘り生ごみを投入して水を加え混ぜると、約1週間で分解します。

「仮設deキエーロ」は容器内に土を入れ土壌微生物の力で生ごみを自然分解するもので、市役所内食堂から出た生ごみ(調理くず)を使用して実験を行いました。
実験に参加した森山一正市長のコメントは、市長のページをご覧ください。

"たかたのゆめちゃん"

ゆめちゃんは、陸前高田市のマスコットキャラクターで「キラキラ輝く夢と希望を実現するこども達の応援団長」として活躍しています。

 

 

お問い合わせ

摂津市役所環境部環境業務課(環境センター内)

電話: 072-634-0210 FAX: 072-634-2318