ページの先頭です

納付が困難なときは

[2012年3月1日更新]
保険料は、世帯構成や前年の所得に基づいて算定されます。失業や病気などの理由で保険料の支払いが困難となった場合、保険料の納入期限を延ばしたり、一定の基準に該当すれば、減免を受けることができます。そのままにしておかずにお気軽にご相談ください。

●保険料を納めないでいると
・督促や訪問徴収
…納期限までに保険料が納付されない場合、督促状を送付したり、直接ご自宅まで集金に伺う場合があります。また延滞金が課せられる場合があります。
・短期被保険者証の交付
…有効期限の短い「短期被保険者証」を交付する場合があります。対象となる方は6ヶ月ごとに国民健康保険の窓口までお越しいただきます。
・被保険者資格証明書の交付
…特別な事情がなく滞納して納期限から1年間を過ぎると、法律により保険証の代わりに「被保険者資格証明書」を交付します。医療費はいったん全額自己負担となります。
・保険給付の制限
…さらに滞納すると保険給付(療養費、高額療養費、葬祭費など)の全部または一部が法律により差し止められます。
このほか、法律に基づいた滞納処分として預貯金や電話加入権などの財産差押えをすることがあります。

お問い合わせ

摂津市役所保健福祉部国保年金課収納係

電話: 06-6383-1555