ページの先頭です

平成23年4月1日より準防火地域の指定区域を拡大しました。

[2011年4月1日更新]

平成23年4月1日より準防火地域の指定区域を拡大しました。

 平成23年4月1日から 現在、防火地域・準防火地域の指定されていない市内ほぼ全域(鳥飼八町や一部河川を除く)が、準防火地域になりました。

 

指定状況

変更案

 準防火地域では、火災が起きたときに、被害の急速な拡大を防ぐことができるように、一定規模以上の建築物は、建替えや増改築の際に、耐火建築物や準耐火建築物にする必要があります。

 

準防火地域内のきまり

延床面積

地階を除く階数

 500平方メートル以下

 500平方メートルを超え

1,500平方メートル以下

 1,500平方メートルを

超える

 4以上

(1) 耐火建築物

 (1) 耐火建築物 (1) 耐火建築物
 3 (3) 防火上必要な

技術的基準に適

合する建築物

 (2) 準耐火建築物 (1) 耐火建築物
 2又は1 (4) 制限なし

(木造建築物の

外壁・軒裏は

制限あり)

 (2 )準耐火建築物 (1) 耐火建築物

(1)耐火建築物

 主要な構造部分を鉄筋コンクリート造などとした建築物

 

(2)準耐火建築物

防火上の一定の性能を有する建築物

1.木造などで、主要な構造部分を一定厚以上の石膏ボード等で覆ったもの

2.コンクリートブロック造などで、屋根や外壁を燃えにくくしたもの

3.鉄骨造などで、主要な構造部分を不燃性の材料で造ったもの

                                               など

(3)防火上必要な技術基準に適合する建築物

窓やドアの構造や面積、主要な構造部分の防火の措置について規定された建築基準法施行令に適合した建築物

 

(4)制限なし(木造建築物の外壁・軒裏は制限有り)

 外壁と軒裏の延焼のおそれのある部分(1階は3m以下、2階は5m以下)の屋内側を石膏ボード張り、屋外側を鉄網モルタル塗りなどとする。

 

 

安全・安心のまちづくり ~建築物の不燃化の促進~ (平成22年8・9月 説明会資料)

お問い合わせ

摂津市役所建設部都市計画課計画係

電話: 06-6383-1405


平成23年4月1日より準防火地域の指定区域を拡大しました。への別ルート