ページの先頭です

自立支援(精神通院)医療

[2010年10月13日更新]

精神疾患のために精神科や神経科等に通院している人の診療、薬剤、検査などの自己負担を軽減する
制度です。デイケア、ナイトケア、訪問看護なども利用できます。

有効期限は1年で、更新手続きは期限の3ヶ月前から行えます。
(精神障害者保健福祉手帳と有効期限の終期が異なる場合で、手帳の残りの期限が1年未満のときは、
有効期限の終期を手帳に合わせることができます。)

医療保険の負担上限額まで、医療費の1割が自己負担となります。

また、所得の低い方や継続的に相当額の医療費負担が生じる方には、さらに低い上限を設定します。


手続きの流れ

1.指定医療機関で診断書を記入してもらう
2.障害福祉課で申請手続きをする
3.大阪府から指定医療機関に受給者証が送付される

手続きに必要な書類

1 自立支援(精神通院)医療給付認定申請書
2 自立支援医療診断書または精神障害者保健福祉手帳の診断書
3 印鑑
4 保険証(同一保険加入者全員)同意書
5 同意書又は市町村民税課税証明書(同一保険加入者全員)
6 受給者証(更新手続きの場合)

※申請年度の前年度(申請月が4月から6月のときは前々年度)1月2日以降に転入された方は、市町村民税
  課税証明書が必要です。

 

自己負担額

生活保護
世帯等

市町村民税
非課税世帯1

市町村民税
非課税世帯2

市町村民税
(所得割)

3万3千円未満


市町村民税
(所得割)

3万3千円以上
23万5千円未満

市町村民税
(所得割)

23万5千円以上

0円

負担上限額

2,500円/月

負担上限額

5,000円/月

負担上限額

医療保険の自己負担限度額

対象外

重  度  か  つ  継  続 (※)


負担上限額
5,000円/月


負担上限額
10,000円/月


負担上限額
20,000円/月

※高額治療継続該当者(重度かつ継続)とは

    ・統合失調症や躁うつ病・うつ病、てんかん、認知症等の器質性精神障害、薬物関連障害等詳しくは主治医にご確認ください。

 

☆国民健康保険加入者で、大阪府内在住の患者については、国民健康保険が給付を行うので患者負担は生じません。

お問い合わせ

摂津市役所保健福祉部障害福祉課

電話: 06-6383-1374