ページの先頭です

自立支援(更生)医療

[2016年7月11日更新]

身体障害者手帳を交付された18才以上の方が、身体障害の程度を軽くしたり、残された機能を回復すること

を目的として指定医療機関で手術などを受ける場合、医療保険の負担上限額まで、医療費の1割が自己負担

となります。

また、所得の低い方や継続的に相当額の医療費負担が生じる方には、さらに低い上限を設定します。

ただし、市町村民税所得割額(住宅ローン控除税額を含む。)が23万5千円以上の世帯(※)の方は対象外と

なります。

※「世帯」の単位については、同じ健康保険に加入している家族によって範囲を設定します。


手続きの流れ

  1. 障害福祉課で所定の「意見書」・「費用明細表」の用紙を受け取る(または本ホームページから印刷する)
  2. 指定医療機関で診断を受ける
  3. 障害福祉課で申請手続きをする
  4. 大阪府で医療内容等を判定後、市役所から申請者と医療機関に受給者証を送付する
  5. 医療機関で自己負担分を支払う

※指定医については、大阪府身体障害者手帳医師検索システムで検索いただくか、市役所窓口でお問い
合わせください。

☆緊急を要する手術などの場合は、遅くとも当日までに申請してください。その他、手術などを予定されて
  いる方は、予定日の1ヶ月前には申請をしてください。手術後のさかのぼりでは受けられませんので、
  ご注意ください。


手続きに必要な書類

  1. 更生医療給付申請書
  2. 身体障害者手帳
  3. 保険証(同一保険加入者全員)
  4. 印鑑
  5. 所定の医師意見書
  6. 更生医療費用明細書
  7. 同意書又は市民税課税証明書(同一保険加入者全員)

※申請年度の前年度(申請月が4月から6月のときは前々年度)1月2日以降に転入された方は、市町村民税
 課税証明書が必要です。

 

自己負担額

生活保護
世帯等

市町村民税
非課税世帯1

市町村民税
非課税世帯2

市町村民税
(所得割)

3万3千円未満


市町村民税
(所得割)

3万3千円以上
23万5千円未満

市町村民税
(所得割)

23万5千円以上

0円

負担上限額

2,500円/月

負担上限額

5,000円/月

負担上限額

医療保険の自己負担限度額

対象外

重  度  か  つ  継  続 (※)


負担上限額
5,000円/月


負担上限額
10,000円/月


負担上限額
20,000円/月

※重度かつ継続とは

じん臓機能障害、小腸機能障害、免疫機能障害に該当する人


○市町村民税非課税世帯1とは

患者の属する「世帯」が市町村民税非課税であって、患者の保護者それぞれについて、(1)~(3)

の合計額が80万円以下である場合で、かつ、生活保護受給世帯でない場合をいいます。

(1) 地方税法上の合計所得金額

(2) 障害年金等(障害基礎年金・厚生年金・共済年金、遺族基礎年金・厚生年金・共済年金など)

(3) 特別児童扶養手当等(特別障害者手当、障害児福祉手当、経過的福祉手当、特別児童扶養手当)


○市町村民税非課税世帯2とは

   患者の属する「世帯」が市民税非課税であって、かつ「生活保護受給世帯」及び「市町村民税非課税
  世帯1」でない場合をいいます。

 

お問い合わせ

摂津市役所保健福祉部障害福祉課

電話: 06-6383-1374