ページの先頭です

障害者医療

[2016年11月1日更新]

健康保険が適用される医療費の自己負担分及び入院時食事療養費を助成します。

ただし、1つの医療機関あたり「入院」・「通院」それぞれ1日につき500円(500円未満の場合はその額)を
ご負担いただきます。
また、支払った自己負担額が1ヵ月あたり2,500円を超えたときは、償還払いの申請ができます。

対象者

満64歳までの方で、

  1. 身体障害者手帳1、2級所持者
  2. 療育手帳A所持者
  3. 療育手帳B1と身体障害者手帳の所持者 

 

所得制限

本人所得が一定以上の場合は対象となりません(単身の場合 4,621,000円)


手続きに必要な書類

  1. 申請書
  2. 身体障害者手帳または療育手帳もしくは両方の手帳
  3. 健康保険証
  4. 印鑑

 

【医療費の助成について】

◎ 障害者医療証を使用することができるのは、大阪府内の医療機関です。

◎ 障害者医療制度の対象となる医療費は、健康保険の適用分に限ります。


自己負担金

1つの医療機関あたり「入院」・「通院」それぞれ1日につき500円(500円未満の場合はその額)をご負担くだ
さい。(1ヵ月あたり2日までご負担いただき、3日目以降は無料となります。)

ただし、同じ医療機関でも「歯科」と「歯科以外の診療科」は、それぞれ別にご負担ください。

なお、院外処方箋による薬局でのご負担はありません。

また、支払った自己負担額が1ヵ月あたり2,500円を超えたときは、償還払いの申請ができます。


【自己負担金の還付】

次の場合は、支払った自己負担金を還付いたしますので、還付手続を行ってください。

  1. 大阪府外の医療機関で受診されたとき
  2. 資格取得後、障害者医療証交付前に受診されたとき
  3. 入院時食事療養費を負担されたとき(住民税非課税世帯のみ)※
  4. 補装具代を負担されたとき
  5. 1ヶ月の負担が2,500円を超えたとき(平成18年7月以降診療分)

※住民税非課税世帯とは「健康保険制度上の低所得者の方」を言います。

 

還付手続

次のものをご持参のうえ、市役所で申請を行ってください。

  1. 医療費領収証(受診者名、診療年月日、保険診療点数が明記されたもの。)
    ただし、総合病院等で受診された場合は、保険適用分と自費分が判れば結構です。
  2. 健康保険証
  3. 障害者医療証
  4. 印鑑(スタンプ印は不可)
  5. 振込先口座のわかるもの

※ 「大阪府外で受診されたときで高額療養費の対象となる場合」、「社会保険の附加給付の対象となる
  場合」は、保険者が発行する支給決定書が必要です。

  また、「補装具費を負担されたとき」は、保険者が発行する支給決定書に加え、医師の装具装着証明書
  が必要です。


【変更事項の届け出について】

健康保険や住所等に変更があった場合は、速やかに届け出てください。

お問い合わせ

摂津市役所保健福祉部障害福祉課

電話: 06-6383-1374