ページの先頭です

入院時の食事療養費

[2017年4月4日更新]

入院したときの食事代が平成28年4月1日から変わります

入院したときの食事代は、1食あたり下記の標準負担額を自己負担し、残りを国保が負担します。

 

入院時食事代の標準負担額(1食あたり)

一般

(下記以外の人)

    360円(※)

住民税非課税世帯

70歳以上で低所得2

90日までの入院210円

過去12か月で90日を超える入院

(長期該当)

160円

70歳以上で低所得1

100円

     ※一般の方の食事代が、平成28年4月1日より、260円から360円に改定となります。 

       ただし、平成28年4月1日においてすでに1年を超えて精神病床に入院している方の食事代は、

       当分の間260円に据え置きとなります。

 

  • 非課税世帯、低所得2、低所得1については、国保年金課の窓口で「限度額適用・標準負担額減額認定証」を申請する必要があります。

 

  • 過去12か月で90日を超える入院があった場合は、入院日数が90日を超えること(長期該当)がわかる領収書等をお持ちいただき、申請してください。 

   ○その際は、(1)入院日数が90日を超えること(長期該当)がわかる領収書等、(2)国民健康保険証、

    (3)限度額適用・標準負担額減額認定証、(4)印鑑をお持ちください。

   ○国保に申請いただいた日から長期該当が認定されますので、お早めに申請してください。

   

お問い合わせ

保健福祉部・国保年金課・国保医療係