ページの先頭です

療養費(治療用装具等)

[2017年4月4日更新]

療養費

やむをえず自費で診療を受けたとき

☆申請に必要なもの
・診療報酬明細書(領収書の明細書は不可)、領収書、保険証、印鑑、世帯主の振込口座のわかるもの

※診療報酬明細書は受診した医療機関、薬局で発行してもらってください。

  なお、発行には料金がかかる場合がありますので、医療機関等にお問い合わせください

コルセットを作ったとき

☆申請に必要なもの
・医師の意見書、装具装着証明、領収書、保険証、印鑑、世帯主の振込口座のわかるもの

小児(9歳未満)弱視等の治療用眼鏡を作ったとき

☆申請に必要なもの
・医師の作成指示書、本人の検査結果、領収書、保険証、印鑑、世帯主の振込口座のわかるもの

弾性着衣等(急性腫瘍の術後に発生する四肢のリンパ浮腫治療を目的とするもの)を作ったとき

☆申請に必要なもの
・医師の装着指示書、領収書、保険証、印鑑、世帯主の振込口座のわかるもの

輸血に生血を使ったとき

☆申請に必要なもの
・医師の輸血証明、領収書、保険証、印鑑、世帯主の振込口座のわかるもの

海外渡航中に病気やケガの治療を受けた場合(治療目的で渡航した場合は対象となりません)

☆申請に必要なもの
・診療内容明細書(日本語の翻訳文が必要)、領収明細書(日本語の翻訳文が必要)、受診した人のパスポート(出入国スタンプがあるもの)、保険証、印鑑、世帯主の振込口座のわかるもの

移送費

特別な理由により患者を移送する必要があるとき

☆申請に必要なもの
・医師の意見書、領収書、保険証、印鑑、世帯主の振込口座のわかるもの

お問い合わせ

保健福祉部・国保年金課・国保医療係