ページの先頭です

悪徳業者について(事業所向け)

[2017年4月25日更新]

悪質業者にご注意!

巧妙な手口で、消火器の点検を行い、高額な料金を請求するという事案が報告されています。

※点検業者の手口

  1. 訪問の前に、「消火器の点検に伺いたい」旨の電話がかかり、訪問の日時を決めたり、直接訪問して、本社や支社などすでに了解しているかのような話ぶり、あるいは、いつもの点検業者であるような印象を与えます。
  2. 消火器が多数設置されている事業所では、その場で詰め替えを行い、消火器が少数の場合は、持ち帰ることが多く「本数の確認」などと言って近くにいる社員等に「契約書」にサインさせたり、押印させたりしています。
  3. 点検の承諾をあいまいにすると、素早く消火器を集めだし、内容を説明せず一見合法的な書面に署名、捺印を求めてきます。 

※被害にあわないために

点検業者来訪時の対応

  1. 契約業者かどうか確認する。
  2. 契約業者と異なる場合は、上司に相談する。
    上司が不在の場合は点検を拒否する。
  3. サインを求められた場合は、何のサインなのかをよく確認する。
  4. 契約書はその内容をよく確認し、納得できない場合はサインをしない。
  5. 被害にあわないためには、全従業員に上記のことを周知徹底し てください。

お問い合わせ

消防本部予防課
電話:(予防課直通)06-6318-1199  (代表)06-6381-0119

悪徳業者について(事業所向け)への別ルート