ページの先頭です

投票日に投票できない方(期日前投票・不在者投票)

[2008年4月6日更新]

期日前投票

 投票は、選挙人が指定された投票所で行うことが原則ですが、選挙当日、お仕事の方や用事があって、投票にいけない方は、前日までに期日前投票ができます。期日前投票所において、宣誓書を書いていただくだけで、当日の投票と同じようにできます。
 期日前投票は、公(告)示日の翌日から投票日の前日までの間(時間は毎日午前8時30分〜午後8時)できます。
 
 不在者投票

 仕事で出張されている方や病気などで指定されている病院に入院中の方、その他やむをえない事情で投票所へいけない方は、前日までに不在者投票ができます。また、身体に重度の障害(政令で定める)のある方には、郵便による不在者投票ができます。
 不在者投票は、公(告)示日の翌日から投票日の前日までの間(時間は毎日午前8時30分〜午後8時)で、市の選挙管理委員会または指定された病院で受け付けします。
 
仕事で出張されている方など 
 選挙人名簿登録地以外の市区町村選挙管理委員会でできます。投票用紙等の請求を摂津市選挙管理委員会に直接または郵便で請求(請求は選挙告示前でも可)してください。
 投票に必要な投票用紙、不在者投票用外封筒および内封筒、不在者投票証明書を送付しますので、お近くの市区町村選挙管理委員会で不在者投票をしてください。
(注)不在者投票管理者に提示するまでに、投票用紙に候補者氏名を記載したり、不在者投票証明書の封筒を開封してはいけません。開封すると不在者投票をすることができなくなります。

病院に入院中の方など
 都道府県選管が指定する病院、国立保養所、老人ホームなどに入院等している方は、当該施設で投票をすることができます。指定施設等の長が投票に必要な書類を請求し、施設内で不在者投票がおこない、投票済の用紙を選挙管理委員会に送付します。
 本人請求の不在者投票もできます。詳しくは、選挙管理委員会にご相談ください。詳しくは、選挙管理委員会にご相談ください。

 身体障害等がある方があらかじめ手続きをしておくことにより、郵便で投票をすることができます。詳しくは、選挙管理委員会にご相談ください。

※船員が不在者投票する場合は船舶または指定船舶において不在者投票する方法があります。

お問い合わせ

選挙管理委員会・事務局