ページの先頭です

都市計画税とは

[2017年9月25日更新]

都市計画税

都市計画税は、都市計画事業または土地区画整理事業の費用に充てるための目的税で、それら事業の対象区域内の土地および家屋に対して課税されます。摂津市では下水道事業などの整備に充てられる重要な財源となっていますので、ご理解いただきますようよろしくお願いします。なお、課税される場合は、 固定資産税とあわせて納めていただきます。

納期について

納期については、固定資産税と同様です。

⇒ 固定資産税の納期

都市計画税を納めていただく人(納税義務者)

納税義務者となる方は、固定資産税と同様ですが、償却資産および、市街化調整区域の土地・家屋には、課税されません。

納税義務者について

都市計画税の税率

都市計画税の税率は、市町村の条例で定めることとされています。

 本市の税率は、 0.3/100 です。

都市計画税の課税のしくみ

●土地について

固定資産税と同様ですが、住宅用地の特例率において、固定資産税と異なる点があります。

土地の評価と課税

●家屋について

固定資産税と同様ですが、新築家屋の軽減等は適用されません。

家屋の評価と課税

お問い合わせ

総務部・固定資産税課

都市計画税とはへの別ルート