ページの先頭です

固定資産の評価と、路線価の公開について

[2017年9月25日更新]

固定資産(土地・家屋)の評価

 

●土地・家屋の評価替えは3年ごとに行い固定資産課税台帳に登録します。

●評価替えを行う年度を基準年度(平成27年度が基準年度になります)といい、この年度に決定された評価額は3年間据え置かれます。ただし、平成28年度及び平成29年度において、地価が下落したことにより基準年度の評価額を据え置くことが適当でない土地については、簡易な方法により価格の下方修正をすることができる特例措置が継続されることになっています。平成29年度においても、一部を除いた地域において地価の下落が認められましたので、価格の修正を行っています。

●平成29年度に固定資産課税台帳に登録した土地・家屋の価格について不服がある場合は、固定資産課税台帳縦覧の開始日より納税通知書の交付を受けた日後3か月までの間に文書をもって、 摂津市 固定資産評価審査委員会に審査の申出をすることができます。

 

固定資産税路線価の公開


●市役所本館1階情報公開コーナーにて、

 平成29年度土地の評価額算定の基礎となった固定資産税路線価と、

 平成29年度の路線価の修正率を公開しています。

 

 

お問い合わせ

総務部・固定資産税課