ページの先頭です

透明・薄い白色半透明袋の使用のお願い

[2016年4月1日更新]

ごみを出すときは透明か薄い白色半透明袋を使用してください!

近年、再資源化が進んできましたが、生ごみの中には、缶・びん・ペットボトルなどの資源物が多く含まれて出されていました。摂津市では、2001年2月から増加し続けるごみの減量対策及び再資源化を進めるため、 「もやせるごみ」「もやせないごみ」 のごみ出しについて透明・薄い白色半透明袋での収集を実施しております。

使用できる袋の基準

  • 透明か薄い白色半透明の袋。
  • 材質はポリエチレン製で45㍑以下。
  • 袋の透明度は、袋を透かして新聞紙が読めるぐらい。

袋としてごみ出しに使用できないもの

  •  黒・青などの色付のごみ袋(半透明の色付も含む)
  • 色の付いているレジ袋 (緑、黄色など)
  • ダンボール箱、木箱
  • 紙袋、肥料袋など
  • 中身の見えない袋、容器 

内袋の使用

台所のごみについては、水を切ってから透明袋に入れることを推奨していますが、見られたら困るごみ、カラス・犬対策として台所の臭気・水気のあるごみは、従来のレジ袋を内袋に使ってもらってもかまいません。ただし、ごみ減量のため、最小限の使用でお願いします。

その他

  • 袋が透明・半透明でも、びん・缶・古紙・ペットボトル・もやせないごみなどが混入されている袋は収集いたしませんのでご注意ください。
  • 新聞紙、公告紙を使用しての、動物よけをしないでください。
  • 袋の疑問については、「出し方・分け方 Q & A 」をごらんください。

お問い合わせ

摂津市役所環境部環境業務課(環境センター内)

電話: 072-634-0210 FAX: 072-634-2318